前へ
次へ

心配や不安を解消する販売担当者

人気エリアの新築は価格も高く、中古と比べてもなかなかよい条件で見つけるには難しいようですが、条件を広げることで解決します。
反対に中古は安い価格が魅力なのですが、築年数が古くて不安になりがちです。
ですが、住宅性能表示に基づき建築士などの第三者機構により検査してくれます。
リフォーム部門との連携、保証サービスでアフターケアも安心です。
見つけるためには資金相談も欠かせません。
自己資金ゼロなのに住宅ローンが満額組めない、建てる際の総額はもちろん、リフォームのローンについて知りたい場合には、不動産会社が提携する金融機関でリフォームローンを含めた総額をシミュレーションしてもらいましょう。
金利の高さがネックならば、住宅ローンの金利でリフォームローンを組むことだってできます。
ちなみに、中古戸建ては目に見えない部分があるので、契約前には確認は必須、住む人の気持ちになって入居前診断をするなど、「心配してくれる」そうした販売担当者と巡り会いましょう。

Page Top